商品開発課メンバーがメニューの悩みを解消します

弊社の商品開発課は3名のメンバーで構成されています。商品開発というと一見派手な課に見えるかもしれませんが、実はものすごく地味な活動を繰り返すことで、最終的にお店の利に大きく関わります。原価率、提供価格、粗利設定、がマニュアル化されていたのは、今は昔。あらゆる角度からメニューを構築するスペシャリスト。今回はそんな商品開発課のメンバーをご紹介します。

 

飲食店を彷徨う美食のマーケティングリサーチャー。
1人目は、商品開発課を束ねるリーダー、F氏。外食一筋30年以上。商品開発歴も長く、今まで積み上げてきた知識、経験を武器に、どんなターゲットにもどんな依頼にも応えるスペシャリストです。忙しい合間を縫って、新しい味を探しに気になる店を回る勉強家なので、気付くと隣から消えていることも・・・。料理全般なんでもいけますが、中でも特に得意分野は洋食。口癖は「味は記憶やねん!」
福島さん


オペレーションと利益率を求める厨房のプロフェッサー。
2人目は、営業畑出身、D氏。10年以上、店舗運営の部署にて勤務し、数年前からブランドのメニューコンセプト決定から価格の決定など、メニュー関連の業務に携わるように。この春より商品開発課に異動し、運営視点を組み込んだ商品開発を得意としています。営業時代に全国各地でたくさんの店を見て、食べて培った経験から料理アイデアは豊富。商品開発以外にも、「動線、棚割、帳票化」などのセミナーも随時実施。口癖は「これ、ええやん!」

近藤

栄養学の知識と、非凡なる舌で答えを導くジーニアス。
栄養のことならおまかせ
3人目は、商品開発課唯一の女性、K嬢。小さいころから良いものを食べて育った鋭い舌を持つ、味覚のスペシャリスト。管理栄養士の資格を持ち、栄養やカロリーを考えたメニュー提案から、趣味も兼ね備えたデザート作成まで、幅広く対応可能。管理栄養士の知識を活かした食育セミナーも実施するなど、ノンストップで活躍中!そのせいか、口癖は「休憩しましょう!」

髙野さん




この3名で、社内各ブランドや、グループ企業、ご依頼のあった外部企業様に対してのメニュー提案を始め、メニュー診断、覆面調査、店舗訪問指導(棚割、食材管理)、メニュー改廃提案、各セミナー(ABC分析から見るメニュー作成、動線効率化、帳票化による店舗効率化、スポーツから見る食育)などを実施しています。

ブランド改善、拡大に向けた相談や、店舗のメニュー相談、セミナー、店舗の総合診断など、なんでも実施しますので、お気軽にご相談ください。

飲食店の売上アップのことならお気軽にご相談ください。

(株)アスラポート マーケティング部

近畿:
06-6357-1051
関東:
03-6311-8900

受付時間/平日9:00~18:00

お問い合わせ